2008年9月29日月曜日

デザインウェーブの付属基板


デザインウェーブにCortex-M3が載った基板がついてました。Romが128kのバージョンのようなのですが、512kのやつに載せ替えられないかと考えています。Digikeyで見ると1つ2000円弱ぐらいです。
QFPパッケージの載せ替えを手作業で出来るか怪しいのですが、この値段なら一度挑戦してみても悪くないと思います。
で、追加で2冊買い、3冊になりました…。

AT91SAMとの比較なんですが、
・動作クロックが約1.4倍
・ADCのチャンネルが倍(16チャンネル)、解像度が4倍
・Thumb命令を使用するのでバイナリがコンパクト
というあたりが大きな違いでしょうか?

ロボット用途だとADCのパワーアップは魅力的ですね。PSDセンサの入力解像度が実際にはADCの能力に依存するでしょうから。
これだけ入力があるとPSDセンサを5つぐらい付けられるかもしれません。

0 件のコメント: