2008年10月23日木曜日

サーボ用コネクタ変換・給電ハーネス


RS485接続のサーボのコントロール実験をするのに、RS-U485とRS301CRのコネクタが違うので変換ハーネスが必要になりました。どうして同じメーカーなのにコネクタが違うんだろう…。
あとRS-U485は給電してくれないので、バッテリー接続端子も必要。でどうせ作るなら、Dynamixelの接続の際の実験もできるようにと思い、多用途のハーネスにします。
2回路3接点スイッチも使って、ストレートクロス変換スイッチも付けます。ただ後から気づいたのですが、RS485は232と違ってストレートクロスは関係ないんですね。2線の電位差で半二重通信をする模様。


横方向でのパターンが続いている基板を使いました。切り出しの目印としてマジックで線を引きます。


切り出しです。掃除機で吸い取りながらドレメルを当てて切り取ります。


面倒くさがりなので、パターンの切断もドレメルでやってしまいました。横のパターンを少し切ってしまいましたが…。


へたくそ半田。


端子圧着は今回初挑戦です。2mmピッチのピンとかになると、位置あわせで目が疲れます。


差し込むとこんな感じでできあがり。


ハーネスできあがりの概要図です。お恥ずかしながら、実はこの時点ではJSTコネクタの向きが逆です。


JSTのハーネスも作りました。コンタクトピンを圧着していて思ったのは、ケーブル被覆を挟む部分で力を入れすぎると、このぐらいのゲージだと切れてしまうんですね。1本切れると全部やり直しなので痛いです。このハーネスができるまでに2回やってしまいました。コンタクトピン8本が無駄になってます。


半田吸い取り線です。ラジコンのバッテリーの接続用に使っていたのですが、今回本業をこなしてもらうことになりました。コネクタの半田をこれで吸い取って、逆向きに差し替えました。

0 件のコメント: