2008年11月19日水曜日

STM32の開発ボード

STM32のドキュメントとサンプルコードを見ていると大分と充実している感があり、開発期間を短縮できそうです。
新参チップですが、どれくらい開発ボードが流通しているのか調べてみました。STM32の公式サイトで紹介されているものをチェックしたのですが、国産のものはCQの付録を除くとまだ無いようです。
実際の開発では、OpenOCD経由でJTAGを使って開発する可能性が高いですからOpenOCD対応JTAGが使える、付いていることをチェックポイントとしました。

Olimex
STM32-H103
26.95euro
STM32-P103
45.95euro
STM32-103STK
79.95euro
ヘッダボードに丸ごとJTAGコネクタが載っています。

CQ出版
Design Wave付録基盤+開発ボード+追加部品
2480+6000+1000yen

ST
STM3210B-EVAL
STM3210E-EVAL
22869yen

Hitex
STM32-PerformanceStick
7097yen
STM32スタータ・キット
12746yen
はUSB-JTAGインターフェースまでが搭載されていて安価な模様
OpenOCDも対応しているようですが未確認です。

IAR
STM32 KickStart(TM) キット
238.75USD
IAR J-Link(USB/JTAG)がついているがOpenOCDのサポートは怪しそう。コンパイルし直す必要がありそうです。

Keil
STM32スタータ・キット
181.25USD
ULINK(USB/JTAG)がついているがOpenOCDのサポートは不明

Raisonance
STM32REvaスタータ・キッ
208.75USD
RLink(USB/JTAG)がついているがOpenOCDのサポートは不明。

値段はDigikeyです。

開発ボード型は手軽で良いのですが、できれば実際のプロダクトにそのまま組み込めるヘッダボード型の方が何かと融通が利くのではないかと思います。
そうすると国産+ピン数が多いということでDesignwave付録基板を推したいのですが、バックナンバーが終了→品切れという可能性があり、入手性→再現性に難がありそうです。
Olimexはガレージビルダーっぽいですが、継続的な入手性はありそうですね。USB-JTAGが安い+開発環境までパッケージで提供しているというのもポイント高いです。そのまま使わないにしても、参考にできそうですので。
Hitexは手軽そうなのですが、IOボードまで入れるとちょっと不細工なのが気になります。

0 件のコメント: